ハーレムライトノベル紹介サイト

ライトノベルの中でも特にハーレムものと呼ばれるようなジャンルのライトノベルをご紹介します。

英雄教室 (ダッシュエックス文庫DIGITAL,Kinde・楽天kobo版有り)レビュー

評価

★★★★☆

 

紹介タグ

ファンタジー、プラトニックな愛、ギャグ、ほのぼの、バトル要素有り、学園もの、日常系、3人以上のヒロイン、人外ヒロイン、お嬢様系ヒロイン

 

公式内容紹介

勇者とは“超生物”である!? 魔王と相打ちになって勇者の力を全て失った元・勇者の少年ブレイド。念願叶って普通の学生になれるはずが、入学させられた 学園は、なんと勇者を養成するエリート学園だった!? そこに通う生徒たちはもちろん優秀。だが“本物”の勇者だったブレイドは心技体全てが英雄すぎる!? 実技の授業で校舎は半壊! 国王とは旧知の仲でタメロ上等!! 学園の“女帝”である怖いお姉さんに睨まれても気づきやしない!!! ドラゴンの脱走でパニックとなっている学園でも、一人だけマイペースにカツカレーを食っている!? やることなすこと「超生物」な主人公の、無理・無茶・無謀・不自 然極まりない「平静学園俺ライフ」!? いまここに開幕!!
 

個人的レビュー

かつて勇者として活躍した主人公が、その正体を隠して普通の学園生活を送るために学園ライフを送るもハチャメチャなトラブルばかりを起こすという学園ハートフルコメディ(?)。

 

一応、バトル要素こそあるものの、基本的な流れは今まで戦うことしか知らなかった主人公がフツウを取り戻していくというヒューマンドラマです。ですので、一応ハーレムものになるのでしょうが、ヒロインたちとの関係も恋愛というよりは親や友達といった関係性に近い感じ。

 

Amazonのレビューで主人公のことを“初期ゴクウ(ドラゴンボール)”とたとえている人がいましたが、上手いたとえだなあと思いました。序盤の主人公はまさにそんな感じ。そして周囲との関係も「やらかす主人公とその対応に追われるヒロインたち」といった感じで、コメディものとしても面白いと思います。

 

血沸き肉躍るといった、熱いタイプのファンタジーラノベが最近多い中で、珍しくバトルがメインでない設定の作品だったということもあり、個人的には楽しく読めました。恋愛要素はあまり強くありませんが、時折見せるヒロインのデレが可愛らしいので、今後、主人公が恋愛を意識しだしてからの展開が楽しみな作品でもあります。

 

最近流行りの、「異世界転移のバトルもの」ばかりのライトノベルを読み飽きたという方は、ラノベにしては少し変わったヒューマンドラマを試してみてはいかがでしょうか。

 

Kindle

英雄教室 (ダッシュエックス文庫DIGITAL)

 

楽天kobo

英雄教室 (ダッシュエックス文庫DIGITAL)

 

忍者Admax