ハーレムライトノベル紹介サイト

ライトノベルの中でも特にハーレムものと呼ばれるようなジャンルのライトノベルをご紹介します。

異世界の迷宮都市で治癒魔法使いやってます (モンスター文庫、Kindle・楽天kobo版有り)レビュー

異世界の迷宮都市で治癒魔法使いやってます : 1 (モンスター文庫)

評価

★★★☆☆

 

紹介タグ

ブコメ、ファンタジー、ヒロインが積極的、3人以上のヒロイン、微性的な愛、下ネタ強め、異世界転移もの、バトル要素あり

 

公式内容紹介

大学生の佐藤四季は、目が覚めると異世界の迷宮都市に飛ばされていた。そこで治癒魔法に目覚めた彼だったが、怪我を治す代わりにセクハラなんてしていたものだから、ついに勤めていた治療院をクビになってしまう。途方にくれる四季。しかし、彼は生きるために冒険者として迷宮に潜ることを決意する。そして、傷ついた奴隷の少女ユエルと出会い―。「小説家になろう」で大人気の異世界ハーレムファンタジーが、ついに書籍化。書き下ろし番外編の「初めてのおつかい」では、四季が迷宮都市にやってきた直後、本作の前日譚が描かれる。
 

個人的レビュー

異世界転移ものの中では珍しく、主人公があまり格闘しないファンタジー。「治癒魔法使いという設定でどうやって戦うのだろう?」と思いましたが、普通に戦いません。

 

うん、また異世界転移ものです。そして、主人公は異世界最高レベルの治癒魔法使いです。またこのパターンかと若干食傷気味にはなってきましたが、本作のファンタジー度はその中でもかなり低め。

 

もちろんファンタジー設定があるにはあるのですが、ストーリーらしいストーリーがあまりファンタジー設定に絡まないため、ファンタジーを見ているというより、日常ほのぼの系作品を見ている気分になります。それはそれで悪くはないとは思いますけどね。

 

「ファンタジー世界での血なまぐさいバトルなどすっ飛ばして、とにかくラブコメが読みたいんだ」という方向け。個人的には、ヒロインたちが可愛らしいので、ハーレムものとしてのできは悪くないと思いました。あらすじを読んで、あまりにも主人公が下ネタを連発するようなキャラだったら嫌だなあと思っていましたが、杞憂でした。健全なエロさの範疇です。

 

あまりドロドロとした人間関係がなく、嫌悪感を催すようなキャラも居らず、サクッと読めるハーレムものだと思います。比較的、ファンタジーハーレムの中でも気負いせず読める部類の作品だと思うので、ライトに読めるハーレムものが好きな人にお勧めです。

 

Kindle

異世界の迷宮都市で治癒魔法使いやってます : 1 (モンスター文庫)

 

楽天kobo

異世界の迷宮都市で治癒魔法使いやってます : 1

 

忍者Admax