ハーレムライトノベル紹介サイト

ライトノベルの中でも特にハーレムものと呼ばれるようなジャンルのライトノベルをご紹介します。

王道楽土の聖堂騎士団(一迅社文庫,Kindle・楽天kobo版有り)レビュー

評価

★★★☆☆

 

紹介タグ

ファンタジー、シリアス、微性的な要素、バトル要素有り、主人公が魅力的、ヒロインが積極的、妹ヒロイン、お嬢様ヒロイン、学園もの

 

公式内容紹介

“魔道鎧甲”をまとって戦う“神衛騎士”を育成する神衛騎士学院に、ある日ふらりと現れた転入生・早雲壮馬。不幸な事故(?)により“不敗の聖堂騎士”の 異名をもつ美少女騎士・アンジェに決闘を挑まれる壮馬。ところが、壮馬は“魔道鎧甲”をもたない「鎧なき騎士」だった。にもかかわらず、アンジェの剣戟の前にも余裕をみせる壮馬に、とうとうアンジェは必殺の“焦天劫火”を発動させて―。壮馬と“王道楽土の聖堂騎士団”の美少女騎士たちとの過激な学園生活がはじまった!学園騎士ファンタジー!

 

個人的レビュー

ざっくりと言えば、魔法の鎧をまとって戦う騎士になるための学園に、ちょっと特殊な能力と背景を持った主人公が転校して来たら、最強かつハーレムになったよというファンタジー学園もの。

 

悪く言えば「ありきたり」、良く言えば「ラノベのファンタジーものらしい」作品です。本作の特徴と言えばコレ!というものはありませんが、だからと言って読んでいて不快感のある作品でもありません。

 

ヒロインたちはチョロインで、主人公が何をしても勝手に主人公に惚れます。主人公ってお得。個人的にはこういうヒロインたちの“軽さ”はハーレムものらしくて嫌いではありません。

 

ただ、少しだけ不満を挙げるなら、最初は「主人公最強!」といったノリで、しかも主人公自身はかなり不敵な雰囲気のキャラ付けだったのに、後半は微妙に熱血っぽい感じで、あまり強そうな能力でなかったのが苦手でした。

 

どちらかというと、私の好みは最強のキャラ付けなら力のごり押しで、あるいは弱い能力設定なら頭を使って戦うという戦い方が好きなので、どっちつかずに感じてあまり好みではありませんでした。

 

ただ、これは私個人の好みの問題であって、他の人がどう感じるかは分かりませんし、あえて不満点を挙げるならという話であって、全体的にはラノベらしいという意味で悪くない作品だったと思います。テンプレっぽいラノベが久しぶりに読みたくなったという人向け。

 

 Kindle

王道楽土の聖堂騎士団 (一迅社文庫)

 

楽天kobo

王道楽土の聖堂騎士団-【電子書籍】

 

 

忍者Admax