ハーレムライトノベル紹介サイト

ライトノベルの中でも特にハーレムものと呼ばれるようなジャンルのライトノベルをご紹介します。

祓魔科教官の補習授業 落第少女に咒術指南 (一迅社文庫,Kindle・楽天kobo版有り)レビュー

評価

★★★★☆

 

紹介タグ

ファンタジー、シリアス、プラトニックな愛、バトル要素有り、主人公が魅力的、ヒロインが積極的

 

公式内容紹介

異世界との亀裂から現れる異形――魔禍魂(デモン)を狩る<祓魔技能士(デモンビーター)>を養成する天原学園。学園に転入してきたフリーの祓魔技能士・ 日垣 悠志朗(18)は、咒術も異能も使えない<常人(フラット)>なのだが、落ちこぼれ少女3人の補習授業を担当することに! 祓魔科の優しい新任教官×クセもの落第少女たちの学園祓魔バトル!

 

個人的レビュー

異世界から現れる魔物(?)たちを倒す人々を育成するための学園に教師兼学生として赴任した主人公とヒロインたちのファンタジーラブストーリー。

 

最初のうちは、まあよくある“能力はそんなに優れてないけれど、頭の回転と自己犠牲で普通の主人公が奮闘する学園ストーリー”かと思っていましたが、最後にどんでん返しが待っていました。ストーリーの根幹に関わる部分なので、内容に触れることはしませんが、結構面白いと思います。

 

ファンタジーの中でも比較的ダークなストーリーです。特に序盤は明るい雰囲気で進行しているのに後半から一気に暗い話になるので、かなり落差が激しいですが、丁寧に描かれているので全く違和感がありません。むしろ、個人的には「やられた」という面白さの方が強かったです。

 

ただ、本作を「ハーレムもの」として分類するかは少し悩みました。確かに、主人公に対して好意を向けるキャラクターは数名いますし、おそらくハーレム展開もあるのかなと思わせる描写はあるのですが、いかんせんイチャイチャが弱い。というより、ほぼ無い。

 

いや、もちろん本作の“キモ”はハーレムなどではありませんし、おそらく人間ドラマの方に発展していくのでしょうが、やっぱり身の回りを女性キャラクターばかりで固めて、主人公に惚れている描写まで出したのなら、その一歩先を期待してしまうのは私だけではないはず……。

 

ということで、あくまで“ハーレムもの”としての評価を差し引いた上での星4という評価なので、ダークファンタジーとしての本作に惹かれた方からはもっと異なる評価が下されると思います。そういった作品に興味のある方には特におすすめいたします。

 

Kindle

祓魔科教官の補習授業 落第少女に咒術指南 (一迅社文庫)

 

楽天kobo

祓魔科教官の補習授業 落第少女に咒術指南-【電子書籍】

 

忍者Admax