ハーレムライトノベル紹介サイト

ライトノベルの中でも特にハーレムものと呼ばれるようなジャンルのライトノベルをご紹介します。

武に身を捧げて百と余年。エルフでやり直す武者修行(富士見ファンタジア文庫,Kindle版有り)レビュー

評価

★★★★★

 

紹介タグ

ファンタジー、シリアス、サブキャラが魅力的、プラトニックな愛、バトル要素有り、人外ヒロイン、主人公が魅力的、ヒロインが積極的

 

公式内容紹介

生まれ落ちて百と余年、世に最強の名を轟かせること叶わぬまま、武術家スラヴァの命は尽きた。しかし、武の道は途絶えることはなかった。スラヴァは「エル フ」として転生したのだ!生まれ変わっても望みは一つ。スラヴァの視線の先にあるのは“武の頂”のみ!アカデミーに入学して、恋の予感が芽生えても決して現を抜かすことはない。だが、かつての好敵手の孫娘シェリルと拳を交わすことで、その武者修行は急激に色めき立ちはじめ―!?転生した世界で出会う未だ知らぬ強者たち!エルフの少年は、ただ純粋に力と技を鍛え、この世で真の“最強”を目指す!!

 

個人的レビュー

前世で最強クラスの力を持った主人公が、また新たに生まれなおして、今度こそ“最強”を目指す転生ファンタジーストーリー。俗っぽい言葉を使うなら「強くてニューゲーム」というやつです。

 

地の文に関して、最初はもったいぶった文章だなと思いましたが、慣れてくると結構クセになります。個人的には嫌いではありません。そして何よりメインであるバトル描写もスピード感のある文章なので、熱い肉弾戦がありありと思い浮かべられます。余談ですが、食事の描写が美味しそうな点は個人的に好きですね。

 

内容としては、シナリオなどの目新しさはありませんが、キャラクターが良いキャラしていると思います。主人公が強くてニューゲームということで、一歩間違えば鼻についたキャラになりかねませんが、気持ちのいいさっぱりとした性格で武術家というキャラとマッチしていて凄く好きです。

 

また、目新しさは無いとは言いましたが、ファンタジーとしてはテンポもよく、ガッツリファンタジーをした世界観で王道の展開という意味であって、決して悪い意味ではありません。ファンタジーバトルものとしてはかなり高い水準にある作品だと思います。

 

 ハーレムものとしての評価をするなら、あまりハーレム要素は強くありません。これは、ヒロインからのアプローチがないというわけではなく、主人公が一度老人を経ているために、周りのヒロインたちを子どものようにしか扱わないことが原因です。

 

ですので、現時点(1巻出版時点)ではヒロインたちの好意を親に向けるものであり、異性に向けるものだと主人公は思っていません。そういったことから、ハーレムが作られる過程はあまり違和感を抱きませんでした。

 

個人的に、ヒロインたちはみんなそれぞれ可愛らしいと思うので、今後の展開で親子の関係が異性の関係にどのように変わっていくのかに期待したい作品です。

 

全体的にレベルの高いファンタジーバトル作品であり、厨二病向け作品なので、そういった作品が好きな方はぜひ一読をお勧めします。

 

 Kindle

武に身を捧げて百と余年。エルフでやり直す武者修行 (富士見ファンタジア文庫)

 

楽天kobo

武に身を捧げて百と余年。エルフでやり直す武者修行-【電子書籍】

 

忍者Admax