ハーレムライトノベル紹介サイト

ライトノベルの中でも特にハーレムものと呼ばれるようなジャンルのライトノベルをご紹介します。

生ポアニキ(オーバーラップ文庫,Kindle版有り)レビュー

評価

★★★★★

 

紹介タグ

男性キャラとの絡み、下ネタ要素が強い、性的要素が強い、微性的な愛、学園もの、シリアス、サブキャラが魅力的、プラトニックな愛、日常系

 

公式内容紹介

不登校で孤独な生活を送る木村ユースケは、カウンセラーの勧めで新たに設けられた『恋愛生活保護』を申請した。
これで相性の良い自分好みの女の子が現れて、幸せになれる…はずだったのだが、約束の日、家に来たのは女の子ではなく、一糸まとわぬマッチョな“アニキ”だった!一方で本来現れるはずの鳳来寺(ほうらいじ)ユリは転校生として現れるも、ユースケの好みとはことごとく違う。
家に住み着いたアニキ、ユースケを拒絶する転校生(ユリ)、そして秘密を抱えて近づくクラスメイト・松笠(まつかさ)アザミ…。謎が謎を呼び、アニキの汗がほとばしる!
果たしてユースケに恋人は出来るのか!?全ての答えは筋トレの先にある!
少年少女と一人のマッチョが織りなす健全なる物語。
ハイテンション・マッスル・ラブコメここに交付!!

 

個人的レビュー

日本国民の持つ「健康で文化的な最低限度の生活」を保護するために「恋愛生活保護」という制度が制定された世界という設定。その保護を受けた主人公のもとに適した女性が来るはずが、なぜかマッスルがやってきて始まるドタバタマッスルラブコメ

 

最初は下劣すぎる主人公の考え方に、ちょっと嫌悪感を催しましたが、後半に進むにつれてこの主人公やそれを取り巻く環境がだんだんと好きになっていきました。私は下ネタや下品なネタがあまり得意な方ではなく、本作にはふんだんに下ネタ要素が含まれているのですが、そんな好みを吹き飛ばすぐらい面白かったです。

 

正直なところ、ラノベのコメディ要素で笑ったことはありませんでしたが、初めて笑ったラブコメでした。そして、ハーレム目的で読んだはずなのに、いつの間にかマッスルなアニキが大好きになっていきました。マッスル最高です。

 

あとがきで作者の方も書かれていますが、本作は色んな意味で問題作です。生活保護を生ポというネットの蔑称で呼称し、同性愛的な関係にも触れ、犯罪行為にも言及し、性的なネタをふんだんに取り入れetc……と、かなりギリギリな作品です。

 

私も物語の冒頭を読んでいる内は特に生活保護という点に関して「ちょっと色々言い過ぎでしょう……」と思わなくもありませんでした。でも、最後まで読んでいくうちに、「ああ、もっと伝えたい大事なことがあるんだ」と考えるようになりました。

 

ここまで全然ラブ要素に触れてきませんでしたが、現状の一巻時点でヒロインは1人(2人?アニキまで入れれば3人)しかいません。また、最初は主人公があまりにもクズ過ぎるのでヒロインとのイチャイチャ要素もかなり少ないです。

 

でも、きちんとラブコメしています。愛が築かれる過程やその葛藤を丁寧に描いた作品だと思います。そして、二巻以降にはハーレムになりそうな伏線も張られています。まだ現時点では一巻しか販売されていませんが、久しぶりに続きが読みたくて仕方がない作品でした。現在のAmazonのレビューは6つ付いていますが、そのすべてが最高評価というのもうなずける作品です。

 

 Kindle

生ポアニキ (オーバーラップ文庫)

 

楽天ブックス(楽天kobo版無し)

【楽天ブックスならいつでも送料無料】生ポアニキ [ アサウラ ]

 

忍者Admax