ハーレムライトノベル紹介サイト

ライトノベルの中でも特にハーレムものと呼ばれるようなジャンルのライトノベルをご紹介します。

せんせい、まちがってます。 (MF文庫J,Kindle・楽天kobo版有り)レビュー

評価

★★★★☆

 

紹介タグ

3人以上のヒロイン、たくさんのヒロイン、シリアス、学園もの、微性的な愛、ヒロイン同士の争い、プラトニックな愛、ヒロインが積極的、お嬢様ヒロイン、日常系

 

公式内容紹介

16歳で女子校の先生に!? オレ、唐渡健太郎は、唯一の若い男として全校生徒の注目の的。妙に無防備な女の子達に囲まれた生活を守るため、年齢の秘密は厳守! けれどある日美少女優等生未優がオレの秘密を――。

 

個人的レビュー

中学校を卒業したての主人公がなぜか女子校の理事長に見初められて、中学生たちの教師として採用!?……というところから始まるドタバタハーレムラブコメです。ラノベ版『GTO』、あるいはラノベ版『ハンマーストライク』といったところでしょうか。以前は『しゅらばら』という作品を書かれていた著者の方です。

 

個人的には、主人公の子どもっぽさにイラッとしたところもありましたが、そこは16歳という年齢設定のことを考えれば仕方がないことかと思いましたし、ある意味では主人公のキャラ設定がリアルだったとも言えます。

 

そういった意味で主人公キャラに不満はないのですが、どうしても設定的にGTOなどとの類似作品と比較してしまい、「なぜ、こんな何もできない主人公を理事長は教師として雇ったのか」という周りの大人たちの不甲斐なさや無責任さがどうしても気になってしまいました。

 

そういった点を除けば、ハーレムものとしての気楽さや日常部分は悪くない作品だと思います。ヒロインたちはかなり積極的なので、久々の学園ハーレムものらしいハーレムものです。

 

ただ、ここは好みだと思いますが一言だけ。『しゅらばら』の時もそうでしたが、この著者の書くヒロインたちの関係性や言動は妙にリアルっぽくてエグイです。最終的には丸く収まるので良いと言えばいいのですが、結構グサッと来ることをヒロイン同士が言い合うので、「よく友人関係を続けていけるな……」と思う事が多々あります。

 

ハーレムものということで「頭をからっぽにして読める、バカっぽい、ギャグ調のラブコメ」を期待すると印象が違うように感じるかもしれませんが、比較的めちゃくちゃな設定の割にはヒロインキャラ、サブキャラ同士の関係がしっかり描かれ、綺麗にストーリーがまとまった作品なので、「ハーレムものであってもバックストーリーは必要!」という方にお勧めです。

 

忍者Admax