ハーレムライトノベル紹介サイト

ライトノベルの中でも特にハーレムものと呼ばれるようなジャンルのライトノベルをご紹介します。

とらドラ!(電撃文庫,Kindle・楽天kobo版有り)レビュー

評価

★★★★★

 

紹介タグ

3人以上のヒロイン、三角関係、シリアス、学園もの、日常系、バトル要素有り、ほのぼの、主人公が魅力的、ヒロイン同士の争い、プラトニックな愛

 

 

公式内容紹介

桜舞う四月。高校二年。新しいクラス。目つきは悪いが普通の子、高須竜児は、ちっちゃいのに凶暴獰猛、”手乗りタイガー”と恐れられる逢坂大河と出会う。 そして彼女は知ってはいけない秘密を知ってしまい――。それが竜虎相食む恋の戦いの幕開けだった! いつもにこにこ、超マイペ-ス娘の櫛枝実乃梨、文武両道、勤勉実直、だけどちょっとずれているメガネ委員長、北村祐作も絡み、どこか変なメンツによる恋はすんなりいくはずもなく……!? 『わたしたちの田村くん』の竹宮ゆゆこ&ヤスが贈る超弩級ブコメ登場!

 

個人的レビュー

有名な作品で、アニメ化もされています。正直なところ、アニメのクオリティも高く、アニメを視聴してしまった人は本作を読んでも、改めて映像を文字で読みなおしているように感じ、少し物足りなく感じてしまうかもしれません。

 

ただ、もしもアニメを視聴したことの無い方であれば、ぜひ一度は読んでみることを強くお勧めしたい作品です。「ハーレムもの」とひとくくりにできない、この世界に生きるキャラクターたちの心の動きが描写されています。

 

主人公は、出会いから暴力的なヒロインである“大河”に振り回され続けますが、決してそれは受け身の結果ばかりではありません。主人公自身が考え、そして葛藤の末に選び取った選択であることがうかがえます。「こんな主人公と友達になりたい!」と本気で思わせてくれるキャラクターです。

 

本作を一言で言えば、「青春」。まだ若い主人公たちだからこそ、本気で親との関係、友人との関係、好きな人との関係に大きな苦悩を抱えます。三角関係、四角関係、下手をすれば五角関係にまで及ぶストーリーですが、誰一人として邪魔な存在はいません。全巻読後には、全てのメインキャラクターに何らかの愛着が湧いていることでしょう。

 

ラノベの傑作の1つに選ばれてもおかしくない作品ですので、興味のある方はぜひ。女性にも気軽にお勧めできる作品です。

 

忍者Admax