ハーレムライトノベル紹介サイト

ライトノベルの中でも特にハーレムものと呼ばれるようなジャンルのライトノベルをご紹介します。

小説やライトノベルをKindleと紙媒体のそれぞれで読むメリット・デメリット

「小説やライトノベルはもっぱらKindleで読んでいる」あるいは「紙媒体でしか本は読まない」という人もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

 

実際のところ、私も以前は紙媒体でしか本は読まない派でした。

 

しかしながら、iPadiPhoneを購入して、ついでだからとKindleの小説を購入してみると意外と使い心地が良く、それ以来Kindleで小説を読むのが主になってしまった人です。

 

そこで、Kindleを使って小説を読んだことが無いという人のために、まず簡単にKindleの説明をしたうえで、小説版とのメリット・デメリットを比較し、解説したいと思います。

 

Kindleっていったい何?

 そもそもKindleとは一体なんでしょうか。

 

KindleとはAmazon.comが販売する電子書籍リーダー、ならびに、コンテンツ配信をはじめとする各種サービスのことである”とされています。

 

要は、Amazonから電子書籍を購入し、それを読むためのサービスやアプリ、媒体、機器の事を指すわけです。

 

Kindleライトノベルを読むには?

Amazonのストアで「Kindle」とついた書籍を購入し、電子書籍リーダーにその本のデータをダウンロードすることで購読可能になります。

 

電子書籍リーダーは2タイプあります。1つは以下のようなAmazonが公式に発売している、「Kindle」「Kindle Paperwhite」といった商品です。

 

Kindle Paperwhite

Kindle Paperwhite

 

 

こちらの商品は大体安いものであれば約3500円から、公式が販売しているものであれば約7000円から購入できます。

 

もう1つの方法は、お手持ちのスマートフォン(iPhoneやGalaxyなど)やタブレット(iPadなど)にKindleアプリ(無料)をダウンロードする方法です。

 

kindle」で検索し、下の画像の様なアイコンのついたアプリをダウンロードすることで利用できるようになります。

 

f:id:nyarumeku:20140930213837p:plain

 

既にタブレットスマホを持っている方であれば、こうしたアプリをダウンロードするだけで無料でKindleを楽しむことができます。

 

ただ、個人的にはスマホの画面で電子書籍を読むのは正直しんどかったので、やはりタブレット型の方がお勧めです。

 

Kindleと紙媒体のメリット・デメリット

それではいよいよKindle版と紙媒体版のメリットとデメリットをご紹介していきます。基本的に、それぞれのメリットはもう一方のデメリットにもつながるので、Kindle版のメリット・デメリットだけをご紹介したいと思います。

 

Kindle版のメリット(書籍版のデメリット)

・普通に紙媒体で買うよりも安い

・置きながら読めるので、腕が疲れない

・暗いところでも読める

・データなので、かさばらない

・無料で作品をダウンロードできることがある

 

Kindle版のデメリット(書籍版のメリット)

・発売時期が紙媒体に比べて1,2か月ほど遅れる

電子書籍化している作品はあまり多くない

・“本を読んでいる”という感覚が薄い

・「本は中古でもいい」という人であれば、紙媒体の方が安い場合も

・電池を消費するため、充電が必要

 

……だいたいこんなところでしょうか。

 

こういった特徴を見ると、本好きの方には、「やっぱり紙媒体の方が良いな」と思われてしまうかもしれません。

 

私もそういったタイプでしたが、1.旅行の移動時間にサクッと読めること(しかも“表紙”が周りに見えない)、2.“かさばらない”といった特徴が特に気に入っており、最近ではKindleで読めるものはKindleで読むようになりました。

 

旅行中なんて、ただでさえ荷物が多いので、意外と本を持っていくのが億劫だったりします。加えてブックカバーをする習慣が無いので、外で本を読むのも少し面倒な私にとっては、Kindleはかなりありがたかったです。

 

また、ライトノベルに限らず本を年間百冊以上購入する方であれば分かるかと思いますが、本に部屋のスペースを埋め尽くされることなんてしばしば。

 

1人暮らしで引っ越しのことを考えると、本を購入すること自体を控えてしまうこともあります。そういった点から、個人的にはKindleを強くお勧めしたいですね。

 

ただ、やはり紙媒体の方が新刊の出る時期も早く、種類が多いという圧倒的なメリットがあります。こうした点から、Kindleはあくまでも紙媒体の補助として考えるのがいいでしょう。

 

ちなみに、「Kindleは本をめくれないから嫌!」という方へ。結論から言うと、意外と慣れます。ですので、この辺りの感覚のために電子書籍は読まないという方は、ぜひ一度Kindleを試してみるといいでしょう。

 

忍者Admax