ハーレムライトノベル紹介サイト

ライトノベルの中でも特にハーレムものと呼ばれるようなジャンルのライトノベルをご紹介します。

僕は友達が少ない (MF文庫J,Kindle・楽天kobo版有り)レビュー

評価

★★★☆☆

 

紹介タグ

学園もの、微性的な愛、ほのぼの、学園もの、3人以上のヒロイン、たくさんのヒロイン、ヒロインが積極的、コメディ、主人公がヘタレ、日常系、妹ヒロイン

 

 

公式内容紹介

学校で浮いている羽瀬川小鷹は、いつも不機嫌そうな少女・三日月夜空が一人で楽しげに喋っているのを目撃する。「もしかして幽霊とか見える人?」「友達と話していただけだ。エア友達と!」「……」小鷹は夜空とどうすれば友達が出来るか話し合うのだが、夜空は無駄な行動力で友達作りを目指す残念な部まで作っ てしまう。しかも何を間違ったか続々と残念な美少女達が入部してきて――。みんなでギャルゲーをやったりプールに行ったり演劇をやったり色々と迷走気味な彼らは本当に友達を作れるのか?アレげだけどやけに楽しい残念系青春ラブコメディ誕生!

 

個人的レビュー

有名過ぎて、改めて紹介するまでもないかもしれません。それほどまで日常系ハーレムライトノベルで有名になった作品です。ハーレムもので実写化の話題が上がったラノベなど、本作ぐらいではないでしょうか。「え?なんだって?」という主人公のセリフから難聴系主人公とまでも言われていました。

 

全体的に良くも悪くも“ライトノベルらしい”作品ですね。例えば、上の煽り文を読んでみても「アレげだけどやけに楽しい~」といったような言葉づかいがされていますが、こういった「若者言葉や口語が地の文に混ざった文章は読めない!」という方は、おそらく内容以前に文章に拒否反応が出るかと思います(まぁ、そういった方にそもそもライトノベルが向いているかどうかはともかくとして…)。

 

本作の特徴としては、とりあえず挿絵のイラストがトップクラスに可愛いです。何度でも言いますが、この要素はハーレム系ライトノベルには本当に大事です。本作は特に、全体的にヒロインの言葉づかいが綺麗とは言い難いので、ある意味でこの可愛らしいイラストと非常にマッチしていると思います。

 

また内容の部分に触れるならば、ほぼ全体を通してヒロインや主人公たちの日常をひたすら描写し続けているだけので、頭を使わずにボーっと読むことが出来ます。これは決して皮肉ではなく、ある意味でやはり“ライト”ノベルの良さだと思います。可愛い女の子たちがキャッキャウフフしているのを見るだけで十分という人も少なくないでしょうし、その点で言えば、本作は決して悪い作品ではありません。

 

本作を読んで、「感動した!」「楽しくて楽しくて何度も読み返した!」ということは無いかもしれませんが、なんとな~く主人公がモテて、なんとな~くヒロインたちと日常を過ごしてetc……といった緩~いノリのラノベをパラッと読みたい方にはおススメです。

 

忍者Admax