ハーレムライトノベル紹介サイト

ライトノベルの中でも特にハーレムものと呼ばれるようなジャンルのライトノベルをご紹介します。

俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している (角川スニーカー文庫, Kindle・楽天kobo版有り)レビュー

評価

★★★☆☆

 

紹介タグ

日常系、微性的な愛、ラブコメ、コメディ色強い、学園もの、3人以上のヒロイン、微ファンタジー

 

 

公式内容紹介

呪われた甘草奏の能力“絶対選択肢”。それは突然頭の中に選択肢が現れ、選ぶまで消えないのだ。今日も学園で“選べ(1)上半身裸で叫ぶ(2)下半身裸で 叫ぶ”なんてふざけた選択肢が出てしまった!こいつのせいで俺は奇行を繰り返し「お断り5」と呼ばれて、女子に白い目で見られ続けているのだ。そんな学園 生活のなか、俺の脳内に(1)美少女が空から落ちてくるという選択肢が現れて―!?誰か俺の残念学園生活を終わらせてくれ。

 

個人的レビュー

本来はイケメンで性格も良いはずの主人公が、脳内に突然浮かんでくる変態的な選択肢のせいでまともに恋愛できないという設定。設定を見てもわかるように、かなりコメディ色が強い作品です。

 

また、ヒロインたちも癖のあるキャラクターたちが多く、ある意味でハーレムもののヒロインらしくない雰囲気。ただ、巻が進み、後半のデレに入ってくるとそれなりにハーレムものっぽくなり、コメディに加えラブの要素も強くなってくるので、その辺りは安心です。

 

個人的には、本作のコメディのノリについていけるかどうかが好きになるかどうかの分水嶺だと思います。

 

後、これはハーレムものにとって、とっても重要な要素ですが、ヒロインのイラストがめちゃくちゃ可愛いです。ジャケット絵に惚れた人なら作中の挿絵なども可愛いと思えるはずなので、そういう方は一読してみるのもいいかもしれません。

 

忍者Admax